福知山城活用法のアイデア募集をPRする市職員(福知山市内記・市役所)

福知山城活用法のアイデア募集をPRする市職員(福知山市内記・市役所)

 京都府福知山市は、戦国武将・明智光秀ゆかりの福知山城を舞台にしたイベントなど、500万円を活用するアイデアを「#福知山城チャレンジ」として募集を始めた。

 資金の500万円は、衣料品通販大手「ZOZO(ゾゾ)」創業者の前沢友作さんから昨年12月に受けたふるさと納税を充てる。

 応募の中から市が二つのアイデアを選んだ後、オンラインと市内の施設などで行う「決戦投票」で決定する。結果発表は8月上旬の予定。アイデアを実現するプロジェクトは来年3月までに始動する。城でのイベント開催、城が登場する映像作品など広く募集する。

 担当する福知山市秘書広報課は「世の中への良いインパクトや福知山城の価値向上、挑戦心を意味する『光秀マインド』などが選考基準」とし、「アイデアから伝わる思いや挑戦する心を重視したい」と話している。

 個人、団体で応募できる。同城ホームページの応募フォームや、市秘書広報課への郵送で7月4日まで受け付ける。問い合わせは同課0773(24)7090。