二之湯智氏

二之湯智氏

自民党京都府連の定期大会で政界引退を表明する二之湯智参院議員(2021年6月6日午後3時8分、京都市中京区のホテル)

自民党京都府連の定期大会で政界引退を表明する二之湯智参院議員(2021年6月6日午後3時8分、京都市中京区のホテル)

 自民党の二之湯智参院議員(76)=京都選挙区=は6日、京都市中京区で開かれた党京都府連の定期大会で、来年夏の参院選に出馬せず、今期限りで政界を引退する意向を明らかにした。二之湯氏は「こういう年代で勇退し、新しい人にやってもらったほうが政治の活性化につながる」と述べた。

 大会後の記者会見で二之湯氏は、3日に引退を決意し、4日に西田昌司府連会長に伝えたと明かした。引退理由について「年齢もあるが、大学卒業後ずっと走り詰めできた。こんなことでは残された人生をエンジョイすることもできない」と述べた。

 二之湯氏は京都市議を5期務めた後、2004年の参院選で初当選。現在3期目で、総務政務官や総務副大臣などを歴任した。現在は党参院政審会長に就いている。

 自民府連は来夏の参院選に向け、8日まで立候補希望者を募っている。対象者は府議と京都市議で、受け付け終了後に府連内で調整を図るという。