タイのチュラロンコン大で、新型コロナウイルス感染者をにおいで識別する訓練をするラブラドルレトリバー(同大提供・共同)

 タイのチュラロンコン大で、新型コロナウイルス感染者をにおいで識別する訓練をするラブラドルレトリバー(同大提供・共同)

 【バンコク共同】タイのチュラロンコン大が、熱やせきの症状がなくても鋭い嗅覚により、においで新型コロナウイルスに感染しているかどうかを識別できる「コロナ探知犬」の研究を進めている。訓練の結果、95%の確率で嗅ぎ分けられるようになり、研究責任者のゲイワリー教授は「検査の新たな手段として有効だ」と期待を寄せている。

 訓練を受けているのは6頭のラブラドルレトリバー。2020年9月から始まった。同大によると、新型コロナの感染者は汗とともに特定の揮発性有機化合物を分泌しており、犬はこれを即座に嗅ぎ分けられる。

 同様の研究は英国やフランス、ドイツでも進められている。