南座(京都市東山区)で開催中の「海老蔵歌舞伎」は13日に千秋楽を迎えるが、その4日後の17日から20日まで市川海老蔵企画公演「いぶき、」と銘打つ別の歌舞伎公演が、同じ南座で幕を開ける。次代を担う女形として期待される中村児(こ)太郎(27)が名作「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」のヒロイン・お三輪に初挑戦。ほかにも市川九團次(くだんじ)(49)、大谷廣松(ひろまつ)(27)ら若手が大役を担う。=敬称略