宮津市役所

宮津市役所

 京都府宮津市は7日、市営住宅夕ケ丘団地(同市須津)の解体工事の入札で、最低制限価格を誤って高く設定し、本来落札者となる業者を失格にしたとして、落札決定を取り消したと発表した。

 3日行った入札には3業者が参加し、最低制限価格に満たない2業者が失格となった。残りの1業者が落札したが、入札後に担当の都市住宅課が算定式を見直し、費用入力の誤りに気付いた。財政課と二重確認していたが、見落とした。市は関係者に謝罪した。再入札を行う予定としている。