新型コロナウイルス禍が長引く中、JR京都駅(京都市下京区)でJR西日本グループが経営している商業施設が地元志向に転換する動きを見せている。京都の玄関口として観光客に親しまれてきたが、販売の低迷が続いているため、地元客に軸足を置いた施設として再出発する。

 京都駅前地下街ポルタの東エリアで