新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 滋賀県は7日、新たに10~60代の男女15人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。全員軽症で県内の感染者は計5316人となった。変異株は新たに29人分が判明し、計879人となった。

 また、県はこの日から、インドで発見された変異株の感染動向を把握するため、「L452R」と呼ばれる変異があるウイルスを検査項目に加えたことを明らかにした。

 新規感染者の居住地は草津市5人、大津市4人など。