京都市が本年度から5年間かけて実行しようとする行財政改革計画案が明らかになった。深刻化する財政難の打開に向けた方向性を示しているものの、市民生活に直結する行政サービスの削減については説明が乏しい。