京都市西京区役所洛西支所が製作したキャラクター。左からさい君、お玉ちゃん、なり様

京都市西京区役所洛西支所が製作したキャラクター。左からさい君、お玉ちゃん、なり様

 京都市西京区を含む西山地域にゆかりある歴史上の人物3人をモチーフにしたキャラクターが誕生した。若者向けを意識したデザインで、逸話にちなんだ容姿や性格になっている。

 弓を携えたイケメンの「なり様」は、十輪寺(西京区大原野)に隠居した平安期の歌人在原業平がモデル。マイペースな性格の「さい君」は勝持寺(同)で出家した平安期の歌僧西行法師、少女姿の「お玉ちゃん」は善峯寺(同)を再建した徳川綱吉の生母、桂昌院をイメージした。

 製作したのは、京都市西京区役所洛西支所。歴史的な寺社が多い西山地域を幅広い世代にPRしようと企画した。京都府出身のイラストレーターにデザインを依頼し、キャラの設定には美男子とされる業平の伝承や、武士から僧侶となった西行の経歴を参考にした。

 同支所は、地域の桜をPRする動画などにキャラを登場させている。担当者は「魅力ある西山地域を、より多くの人に興味を持ってもらえるようにしたい」と話す。動画はユーチューブで配信している。「京都西山さんぽ」で検索。