日本各地で採集されたチョウの標本(福知山市猪崎・市児童科学館)

日本各地で採集されたチョウの標本(福知山市猪崎・市児童科学館)

 京都府福知山市の昆虫採集家が集めたチョウの標本が並ぶ「日本の蝶(チョウ)展」が、同市猪崎の市児童科学館で開かれている。日本各地の珍しいチョウの姿に、来館者が興味深そうに見入っている。

 市自然科学協力員の吉井雅宏さんが採集し、4年前に同館に寄贈した標本約3千点を展示。市指定天然記念物で黄色のまだら模様が特徴のキマダラルリツバメや、近年は数が激減しているギフチョウのほか、クワガタやトンボの標本も並ぶ。

 長さ4メートル近い採集網や、標本作りの過程も紹介している。同館は「暖かくなり、チョウが飛び始める春の雰囲気を楽しんでほしい」としている。4月7日まで。水曜休館。有料。