2019年度の「グッドウィルナー草津」に選ばれた明石さん(左)と米田さん=草津市役所

2019年度の「グッドウィルナー草津」に選ばれた明石さん(左)と米田さん=草津市役所

 滋賀県草津市を県内外にPRする2019年度観光使節「グッドウィルナー草津」に、ともに市内在住の明石唯花さん(21)と米田(こめだ)早織さん(20)が選ばれ、18日に市役所で選任・引き継ぎ式が行われた。

 市観光物産協会が毎年、一般公募で選考している。式では2人が選任証書を受け取り、前任者からたすきをかけられた。

 京都光華女子大3年の明石さんは神奈川県から転居して11年になり、「草津は便利な場所にありながら歴史を大切にしていて、温かさがある。多くの人に癒やされに来てほしい」とアピール。同志社大2年の米田さんは「生まれ育った草津が大好き。どの季節に来ても違った表情が楽しめる」と魅力を語った。

 2人は4月28日の草津宿場まつりや、9月21、22日に開かれる野外音楽イベント「イナズマロックフェス」などに参加する。