大津市役所

大津市役所

 大津市は8日、市内の胃がんリスク検診の対象者のうち1800人に乳がん検診の案内はがきを誤って送付したと発表した。近く、対象者全員に受診券を送り直す。

 5月27日に胃がんリスク検診の対象者2万1216人に発送したところ、翌日「男性宛てに乳がん検診の案内が届いている」との連絡が市に寄せられた。両検診を含む6種類の受診券などの発送を一括受託した業者が、宛名を印字する際に誤って乳がん検診のはがきを混入させたという。

 市は今後、委託件数の分散化を検討するとともに、印字段階での確認など作業工程の改善を図るとしている。