海上自衛隊舞鶴地方総監部

海上自衛隊舞鶴地方総監部

 8日午後1時20分ごろ、京都府舞鶴市の舞鶴湾内を航海中の海上自衛隊の掃海艇「すがしま」で、20代の男性海士長が左足の中指を切断する重傷を負った。

 舞鶴海上保安部や海自舞鶴地方総監部によると、艇内で訓練用の資機材を乗せた台車を運び出す途中、段差と台車の間に左足が挟まり、安全靴の鉄板がない部分が圧迫されたという。