2022年春の新卒採用に向けた企業の選考活動が本格化している。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、主戦場は昨年に続きオンラインとなっている。選考の早期化に一段と拍車が掛かり、内々定率はコロナ禍前の水準を上回る一方、非対面になじめない学生も見られるため、大学側はサポートを強化している。

 飛沫(ひまつ)防止用のシートを挟み、学生たちに企業の採用担当者が事業内容を説明する。京都経済センター(京都市下京区)で6日行われた中小企業の合同説明会「京都ジョブ博2021」は…