近江学園の男性医師が1952年、少女1人に強制不妊手術をするよう申請した記録。学園の文書庫から見つかった

近江学園の男性医師が1952年、少女1人に強制不妊手術をするよう申請した記録。学園の文書庫から見つかった

 優生保護法(1948~96年)の下で障害者らに強制不妊手術が繰り返された問題で、滋賀県の三日月大造知事は19日、県立の病院や福祉施設に手術や審査に関する個人記録が残されていないか、県独自の再調査を行うと明らかにした。

 関連記録が見つかれば手術実施の裏付けになり、被害者の救済につながる可能性がある。

 昨夏に国が実施した全国調査では、県立施設で記録は発見されなかった。京都新聞が情報公開請求をしたところ、今年2月に知的障害児施設「県立近江学園」(湖南市)で手術申請書などが発見された。

 三日月知事は「国の調査は持っている資料を出す形で、深いものではなかった。優生手術に県の関与が認められる記録は可能な限り把握する必要があると考えた」と会見で述べた。

 再調査の対象は近江学園を除く県立の7施設と、過去に県立だった3施設。優生手術の申請書や健康診断書などが残っていないか、大型連休前の4月26日までに調べ、5月中旬に公表する予定。