男性を助けた白石さん(左)と森澤さん(右)=京田辺市興戸・田辺署

男性を助けた白石さん(左)と森澤さん(右)=京田辺市興戸・田辺署

 京都府警田辺署は、京都府京田辺市内の路上で雨の中、道に迷っていた男性(80)に声を掛け、近くの交番まで連れ添って安全確保に貢献したとして、同市の大住中2年白石鈴乃さん(13)と森澤柚葉さん(13)へ感謝状を贈った。

 2人は5月24日午後4時半ごろ、同市山手中央で雨の中、傘も差さず自転車を押していた男性が心配になり、声を掛けた。他の通行人から助言も受けて近くの交番まで一緒に向かったという。男性は八幡市に住んでおり、体調に異変はなく、家族が迎えに来た。

 白石さんは「私たちも傘を差していなくて、3人とも雨にぬれながら交番に行きました」と振り返り、森澤さんも「(男性が)何事もなく助かったので、声を掛けてよかった」と笑顔で話した。