山科署

山科署

 取引を装ってノートパソコンを大量にだまし取ったとして、京都府警山科署は10日、詐欺の疑いで、京都市右京区、自称イベント企画会社社長の男(66)=別の詐欺罪で起訴=を再逮捕した。

 逮捕容疑は2019年2~12月の間、草津市の事務用品販売会社の社員に「草津にヘリポートを建設し、事務所を開設するので電化製品をそろえたい」などとうその取引を持ち掛け、ノートパソコンを9回にわたり計58台(計1571万円相当)を納品させてだまし取った疑い。

 山科署によると、男は納品直後にパソコンを転売し、約750万円を得ていた。「だますつもりはなかった」と容疑を否認しているという。福知山市の会社からも約120万円分のノートパソコンをだまし取ったとして逮捕、起訴されている。