滋賀県内で2018年以降、熱中症による労働災害の発生数が高止まりしている。4日以上の休業を余儀なくされるなど重い症状に陥った労働者は