公正取引委員会が携帯電話市場の調査報告書を公表し、携帯大手が販売代理店を支配する構造にメスを入れた。営業ノルマの圧力にさらされる販売現場では、不必要な高額プランを勧誘する利用者軽視の営業が横行している。最適なプランを紹介する本来の代理店機能を取り戻し、高齢者を含め携帯値下げの恩恵を広く浸透させたい考えだ。