主人公は小学一年生の"はるこ"
この物語は、小さなはるこが祇園祭を通して出会う人々との交流と、ちょっぴり不思議な出来事を描く、ひと夏の物語です。


7月11日

 

「よーい! えんやらやー!」

いつもは車でぎっしりの、四条通りと烏丸通り。
その、車道に、山鉾が……たちはじめます!


職人さんたちが、それぞれの役わりごとに、ながくておおきな柱、床の板、屋根……いろんなものを組み立てて、鉾のかたちをつくりあげていきます。釘はひとつもつかいません。
昔からのやりかたそのままに、なわでゆわえて、きれいななわもようをつくります。


「天気、しっけ、木のようす。ちゃあんと見なあかん。なんでもかんでも、きつくゆわえたらええってもんやない。あんばいがだいじやで。」
職人さんの話に、そのあとをつぐ若い人たちが、耳をかたむけます。

「よーい! えんやらや!」

くもひとつない空。
つなにひっぱられ、ゆっくりゆっくりと立ち上がる鉾を、みんなしんけんに見つめています。

信号まちのタクシーの窓をあけ、「ほお!」とながめるお客さんに、運転手さんがうれしそうに話をしています。


「お客さん。あれが月鉾ですわ。鉾のてっぺんに、シュッとした三日月さんが光らはる。
いやー、明日おかえりなんて、もったいないなあ。もうちょっと京都にいはったらええのになあ……」

そこからすこしはなれて、室町通り。
いつもの道に、おおきな鉾がたちあがっているのをみつけて、はること、友だちのゆきちゃんは「うわあ!」と声をあげました。


「お、いまかえりか。」
扇子をパタパタとさせながら、ふたりに声をかけたのは、タケマル呉服店のおじいちゃんです。

 

「いやー、あっついなぁ。プール、もう始まったか」
「うん! はるちゃんすごいねんで、クロールもうおよげるねん!」


ゆきちゃんがえっへんと、はるこのじまんをします。
はるこはちょっと恥ずかしくなって、ゆきちゃんの後ろにかくれました。


「そらすごい。プールはきもちええやろなあ。ザブーンてな。むかしな、わしもこどものころ、あの鉾にぶらさがって、みんなであそんだんや。オレが船長、キミが船員、ここは海やー!船がでるでぇ! ざっぶーん…ゆうてな。あはは。」


はることゆきちゃんはびっくりして、おたがいの顔を見ました。
それを見たタケマルのおじいちゃんは、
「おっと、しまった!」 と、おでこを扇子でうって、
「今はあかんで。ふたりがケガしたら大変や。むかしむかしのこと。なつかしいな。」


うでをくんで、まぶしそうに鉾をみあげて、しみじみとおじいちゃんは言います。
「鉾がたつと、何十年もまえのことが、まるで昨日のようになる。ふしぎやな。」


 
どんどん町はかざられて、すっかり祭の景色です。
しってる町のはずなのに、しらない町にきたみたい。
なんだか5ミリだけ、体が空にういてるみたい。
はるこは、ふしぎなきもちで家にかえりました。


<つづく>

 

物語の舞台となっている、京都市の中心部。リアルな町の景色と、制作裏話をちょこっとご紹介していきます。

 

毎日何気なく過ごしている道路の上に、山鉾の形跡があります。

 

礎石(そせき)。道路に埋め込まれた石を目印にして、この上に鉾が建ちます。

 

ここは、新町通り。前祭も後祭も、山鉾がたくさん並びます。

よ〜く見ると何か気づきませんか? 電線が道を横断して通ってないんです。背の高い鉾頭が引っかからないように、町が祇園祭仕様に出来ています。

 

山鉾町保存会 会所(かいしょ)。祇園祭以外は、閉められていることが多い会所。宵山期間には、懸装品(けそうひん)や御神体(ごしんたい)を見学することができます。

四条烏丸周辺の山町鉾町を歩くとあちこちで見つける「祇園祭の形跡」。「はるこが暮らす祇園祭の町」の地図を片手に散策しても楽しそうですね!