主人公は小学一年生の"はるこ"
この物語は、小さなはるこが祇園祭を通して出会う人々との交流と、ちょっぴり不思議な出来事を描く、ひと夏の物語です。


7月13日


よあけにザーッと雨がふって、しっとりとした雨あがり。
このころは、ふったりくもったりのくりかえしで、晴れ間は ほんのいっしゅんです。

はるこは、お母さんと手をつないで、お参りついでにきょねんのちまきを返そうと、八坂神社へ向かいました。

「へえ。そのカランって音は、はるこにしか聞こえなかったの。」
「ふうむ。お囃子じゃないだろうしねえ。そんなにおおきい音だったら、みんな気づいただろうしねえ」
メガネについた汗をふきながら、探偵みたいにお父さんはつぶやきました。
はっと立ち止まってお母さん。
「もしかして……おばけだったりして!」
「ええ! いやや、そんなん!」
「よしなさい。きみこさん、はるこがますます一人じゃねれなくなっちゃうよ」
「あはは。ほんとだ」

お母さん、今日は元気です。はるこのはなをつんと
つまんで笑います。「はるこはこわがりだもんねえ」

カラカラ笑うお母さんに、まったくと口をとがらせて、お父さんは「社参の日」について、おしえてくれました。

「今日はね、社参の日なんだ。お稚児さんが見られる日なんだよ。今年のお稚児さんは、なんと……」
「しってる! ゆきちゃんちのお兄ちゃん!」
「そう、みなとくんなんだよ!」
近所でも、ものしりで有名なみなとくんが、お稚児さんと決まった日には、スーパーでも、学校でも、そのニュースでもちきりでした。


ミーンミンミン。
八坂神社につきました。
かいだんをのぼるみんなを、狛犬さんが、じぃっと見つめています。すこし歩いて、舞殿につくと、りっぱにかざりつけられた御神輿も見えました。

そして……
しろい馬からおりたお稚児さんが、八坂神社の南の門から、おおぜいの大人たちに守れられて、ゆっくりとした足取りでやってきました。
みなとくんです。

 

「みなとくん?」
はるこはびっくりしました。
おしろいをはたいた、まっしろな顔で、まっすぐに前をみる、あのすがたは、いつものみなとくんとぜんぜんちがうからです。

「お稚児さんはね、神様のおつかいになるの。
大人にかこまれて、疫病や悪霊をはらうため、〝太平の舞〟をまうの。
たいへんなことよ。だから、お祭りがおわるまで、みなとくんは、みなとくん   
じゃなくなるの。お母さんにも会えなくなるのよ」

「お母さんにも?」
はるこは、お母さんの体にぎゅっとしがみつきました。そうして、みなとくんを見つめました。

 

「さすがみなとくんだなあ。どうどうとしてるよ」とお父さんが言います。

でも、はるこにはわかります。
みなとくんが、せいいっぱい、がんばっていることを。


いっぽずつ、いっぽずつ、お稚児さんはすすんでゆきます。

 
八坂神社のおやしろの中へ。
 

神様のおつかいになるために。

<つづく>

 

 

お稚児さん

お稚児さんは、神様とお話ができて、お祭の時には人間の祈りを神様に伝える役割があります。「七つ前は神のうち」と言われるように、昔から6歳以下の幼児には神霊が降臨しやすいと考えられていました。白塗りの厚化粧をした、10歳前後の少年が祇園祭でもお稚児さんとして活躍します。祇園祭で活躍するお稚児さんを、ちょこっと学びましょう!

 

現存する鉾の中でも、唯一、鉾の上に生稚児(お稚児さん)を乗せる長刀鉾。お稚児さんは神様の使いとして、巡行の道を清める役目を担います。7月13日に八坂神社本殿で位をもらいます。それから後は神の使いになるので、帰りは地面にけっして足をつけず、強力(ごうりき)さんの肩にかつがれて南門の馬のところまで行って馬に乗ります。山鉾巡行の際も、鉾に上がる際は強力さんに担がれて乗り降りします。本人は、グラグラして怖い気持ちなんだとか……。(お稚児さん経験者より)


こちら、ご存知でしたか!? 久世駒形稚児(くぜこまがたちご)は神幸祭・還幸祭のお神輿を先導する役目を担うお稚児さん。鉾町から離れた、南区上久世にある綾戸國神社(あやとくなかじんじゃ)からやってきます。

 

祇園祭の神様のスサノオノミコト さんの魂は普段は二つに分かれていて、八坂神社には和御霊(にぎみたま)という優しい側面の魂が、綾戸國神社には荒御魂(あらみたま)という荒々しく凶暴な魂がお祀りされています。祇園祭の時期は、和御霊と荒御魂が合体して、スサノオさん本来の姿になられるんです。

 

祇園祭の時は2つの側面を持つ魂が一緒になってスサノオさんパワーアップ!


毎年とっても注目されるお稚児さんには、こんな意味があったんですね!
祇園祭で次に見られるのが楽しみですね。