主人公は小学一年生の"はるこ"
この物語は、小さなはるこが祇園祭を通して出会う人々との交流と、ちょっぴり不思議な出来事を描く、ひと夏の物語です。


7月23日


後祭の宵山がはじまった町では、きれいなきものをかざった町家や、京都ならではのお茶をふるまう〝煎茶献茶祭〟山伏たちが、ブオウブオウとほら貝をひびかせて、護摩木をどんどん焼いてゆく、役行者山の〝護摩焚供養〟が、おこなわれます。


このあいだの前祭の宵山とは、またちがい、わたがしやさんや、ふうせんやさんは、ありません。けれど、町の人たちが神様をむかえいれ、たのしんでもらおうと、ていねいにつくりあげるお祭りは、町をほっこりとなごやかにしています。


はるこにとって、はじめての〝なつやすみ〟は、そんなお祭りのあいだを、ふわっふわっとゆくふっちゃんとの毎日でした。

 

ふっちゃんは、ゴオゴオと護摩木をもやす火をみて、
「……お父さんがおこったときの、目ぇみたい!」と、しんけんなかおで言いました。


「うちのお父さん、火山みたいにおこるから、めちゃくちゃこわいねんで!」
はるこは、ぶるるっとふるえあがって、
「うちのお父さんも、おこるときはメガネをゆーっくりはずすから、こわいねん……!」
とこっそりいいました。
ふっちゃんはしばらくじぃっとだまって、
「それは、ちょっと……うちもこわいわ」と、うつむきました。


ふだんは見ることのできない、会所の中も見ることができます。会所の中は、まるで、びじゅつかん。鯉山にいくと、りっぱな鯉のかたちをした御神体も、まつられています。


「うち、この鯉がな、りゅうになったとき、いっしょに空とんだんやで!」
えっへん! と ふっちゃんがいうと、
「お神輿のったり、空とんだり、ふっちゃんはええなあ」とはるこが目をまるくして言います。

ふっちゃんは、しばらくじぃっとかんがえて、「ほな、あとでな!」とにっこりしました。

「あとでって?」とはるこが聞くと、「つぎいこ!」と、はるこの手をとって、ふわっとふっちゃんはとびあがります。
「まってまってー!」

町家のなかの、きれいなきものや、びょうぶのあいだを、二人は、くるくるとおどるように見てゆきます。たのしそうなふっちゃんは、花をちらして、その花がまた、きものや びょうぶをもっともっとはなやかにしてゆきます。

(ああ、なんて、なんてきれいなんやろ…)

「お母さんにもみせてあげたい……」
はるこがそうつぶやくと、ふっちゃんはひときわ花をちらして、「うん! うん! 見せにいこう!」と言いました。


(でも、どうやって……?)


新町通り。山鉾はどれもキラキラとかざりたてられて、はなやかです。大船鉾のまえにきたときに、ふっちゃんは「船や!」とさけんで、ひょいひょいひょいっと鉾にのりました。


おどろくはるこに、ぶんぶんと手をふって、
「はるちゃーん、船がでるでー!」とさけびます。
「え?」とはるこがおどろくと、
「うちが船長、はるちゃんは船員な!」
とふっちゃんが言った、そのとたん……そのとたんです。

ザザザ、ザバーーン!

はるこは、海をゆくおおきなおおきな船のうえ!

これは夢やろか……!

はるこはふっちゃんを振り返りました。
ふっちゃんはどんどんどんどんおおきくなって、おおきくほほをふくらませ、ふーっと息をふきました。びゅうっと風がふき、ふわっと船が空にうかびます。


「わあ……!」


やがて空が、桃色にそまってゆきます。
「ソーダにうつった桃色のそら!」

 

とおくから祇園囃子が聞こえてきました。
船は、祇園囃子のなるほうへ、なるほうへすすみます。

……はるこの暮らす町がみえました。

ぽちぽちと星がかがやきだして、しゅっとした三日月がのぼります。その星にまけじと、
はるこの町の、ちょうちんがかがやきます。そのなかに……


みなとくんと照れながら、ならんで写真をとるゆきちゃんが、

目をキラキラとさせて、お祭りをみてまわるかねちゃん先生が、

リュカさんと手をつなぎ歩くうみこさんが、

よりそって歩く、タケマルばあちゃんとタケマルじいちゃんのうしろすがたが、
 
たのしそうに家で話す、お父さんとお母さんが、……はるこには見えたのでした。

カロン……!

お父さんとお母さんは、はっと顔をあげました。
「きこえた?」
「うん! きこえた!」
ふたりは、ベランダに出ました。
空には星がまたたいています。


「これかな、はるこが聞いた音は」
「……そうかも!」


お母さんは、はっと目をかがやかせました。


「思い出した。わたしね、ちいさいころ、祇園祭を見たことがあったの!なにもかもが、とってもきれいで、夢のなかみたいだった。……そのときね、みたのよ、鉾のうえでおどる子を」
「ええ?」
「そうよね。夢だったかも。 夢だったかもね……。  でも、きれいだったな」


お母さんは、そっとおなかに手をあてて、
「はるこがかえってきたら、聞かせてあげなきゃね」と言いました。
「うん。」とお父さんはうなづきました。

そんな話をしていたことを、はるこが聞いたら、
はるこはどんなかおを見せてくれるのでしょう。


祇園祭の夜は、そっとしずかにふけてゆくのでした。


<つづく> 
 

 

2014年、49年ぶりに復活した後祭

1966〜2013年までは、交通事情により前祭と後祭を統合して行っていました。150年ぶりの大船鉾の復活に合わせて、2014年に山鉾巡行も祇園祭本来の形に戻し、後祭が復活しました。割と最近の話なんです。

 

後祭の宵山の町は、しっとりと落ち着きがあります。露店もないので祇園祭本来の町の「ハレ」の姿を楽しめます。幔幕(まんまく)がしつらえられ、商家の室内には屏風や着物が飾られて普段とは全く違う町の景色を楽しめます。

 

会所飾りも、じっくり見て歩きたいですね。分からないことは、保存会の方たちに直接声をかけて是非聞いてみましょう!! 色々と喜んで教えてくれて、お話しすると楽しいですよ。


ベビーカーを押しながらでも、ゆったり見物できる後祭の宵山は子連れにおすすめ!
梅雨も明けて、湿度も少しマシになった頃なので、気候的にも最高です。

「はるこの祇園祭」のものがたりを書いてくださってる、
ユリイカ百貨店 代表のたみお(中杉 美知子)さんをちょこっとご紹介

 

たみおさんこと、中杉美知子さんは、演出家で脚本家。ユリイカ百貨店という空間クリエイションチームの代表をしています。ユリイカ百貨店の企画・演出を全て行い、その他舞台の演出・ラジオドラマの脚本をされたり、活動は多岐にわたります。
photo by Takuya Matsumi

 

キラキラ輝くようなはることふっちゃんの触れ合いや、夜空や情景の描き方、毎回お話しを読むたびにドキドキしませんか!?舞台全体で伝えるイメージと、文章で伝える世界観と……たみおさんの頭の中はどんななのかな!?「たみおメガネ」越しの世界を見てみたいなぁと感じます!いつもよりも景色がカラフルに見えそうな気がしてなりません。
photo by Sakai Shuhei 
 

 

そんな、たみおさんの自宅には、ものがたりの中に登場する「グッチョ」がいた!? こちらは、たみおさんの愛猫ちゃんです〜このニャンコがとても可愛くて、はるこの飼い猫グッチョのモデルになりました!

 

たみおさんは、3人の子を持つ母でもあります。3人育てながら、自営での仕事の両立はどうされてるのか気になりますね〜。自宅の制作スペースはスッキリと整理されていて執筆にも集中できそう! ここからたくさんのお話が生まれるんですね。