主人公は小学一年生の"はるこ"
この物語は、小さなはるこが祇園祭を通して出会う人々との交流と、ちょっぴり不思議な出来事を描く、ひと夏の物語です。


7月31日


四条通を東にまっすぐ。八坂神社。
しゅいろの門をくぐれば、そのすぐ目のまえに、ちいさな神社があります。


「疫神社」です。


鳥居のよこに、のびのびとおおきな木が生えています。
あれは、くすの木。それから、けやき、ゆずりは、かなめもち。
のびやかにお社をかこんでいます。
ちいさな森にまもられた、ちいさな神社。
鳥居には、くぐると厄がおちると言われている、おおきな茅の輪がくくりつけられています。

ここが、一ヶ月つづいた祇園祭の、さいごの舞台です。

風がさあっとふいて、こもれびが 石だたみをあかるくてらしています。
夏のまんなか。いいお天気です。

朝いちばん、お祭にかかわった人々が、茅の輪をくぐりぬけてゆきました。
パンパンとちからづよく手をうつ音が、境内にひびきました。


「おつかれさん!」
「おつかれさまでした。」


ちいさな神社の、おおきな茅の輪をくぐったあとは、どこまでもひろがる空のした、ホッとしたかおで、みんなが家にかえってゆきます。

神様との、ながい旅も、この夏はいったんここまで。
そしてまた、らいねんにむけてのじゅんびがはじまります。
それは、千年以上つづいてきたくらしのなかの、たしかな約束。
みんなが守りつづけているのです。

たんたんたん!と石段をのぼって、はるこ一家も茅の輪くぐりにやってきました。
八坂神社の門をこえると、もう行列ができています。
みんな、茅の輪をくぐりにきているのです。


あ、タケマルのおじいちゃんとおばあちゃん発見!
「お、はるちゃん!」
「まあ、よう日やけして。ぎょうさんあそんだんやねえ」
そのうしろから、
「オーイ! はるちゃん!」と声をかけてくれたのは、うみこさんとリュカさんです。
「リュカさん、こしがいたいの、なおった?」
はるこが こそっと うみこさんにきくと、「ひひひ、しっぷはってはる」とうみこさん。
「おかあさんは、はらおびまいてはる!」ふふふ! とふたりは笑います。


ゆきちゃんとみなとくんの家族も、つれだってやってきました。みなとくんの白いシャツが夏の日をうけて、かがやいています。
「みなとくん、おつかれさま。りっぱだったねえ」と、はるこのお父さんが声をかけると、みなとくんは、「うん!」とだけ、うなづきます。

(……みなとくんは、決めてるのです。言葉にならないことは、かんたんに言わないって。だから、いまは、力づよくうなずくのです。)


「せえの!」家族3人、声をそろえて「そみんしょうらいしそんなり!」
ぽん! と茅の輪をくぐりました。
ぽん! ぽん! ぽん! とみんなも、くぐります。

くぐったあとは、茅萱をもらって、せっせとちいさな茅の輪づくり。
「できた!」ちょっとゆがんでしまったけれど、でも、はるこもちゃんと作ることができました。
「これは、はるちゃんのお守りにするんよ」と、うみこさんが教えてくれました。

ちいさな茅の輪をのぞけば、みんなの姿がみえました。

 

お母さん、お父さん、ゆきちゃんにみなとくん、タケマルじいちゃんおばあちゃん、うみこさんにリュカさん。おや、石段をのぼって、かねちゃん先生もやってきましたよ。


わかい人、としおいた人。
あの人も、この人も、ほんのり、えがおです。


茅の輪をのぞくはるこを、お母さんがのぞきこんで聞きました。
「なにがみえるの?」
「えっとねえ、ええのんがみえるよ。お母さんもみる?」
「みるみる! ……ああ、ほんとだ。ええのん、みえた!」
おかあさんは はるこをぎゅうっと、だきしめました。


かえりみち。

 
八坂神社の石段で、ちいさな男の子がグズグズと泣きはじめました。こまったかおをしたお母さんがいっしょうけんめい なだめています。

はるこは、ぱっとお母さんの手をはなし、男の子にかけよりました。ポケットからこんぺいとうの瓶をとりだして、カラン、コロンとふりました。
花のようなこんぺいとうが、コロン!と飛びだして、男の子の手にポン!ポン!と、のりました。


みずいろ、ももいろ、きみどり、きいろ。


手のなかにころがりこんだいろんな色を男の子は、びっくりしたかおでみつめました。
「あげる!」と、はるこは言いました。
その子は、目をまんまるにして、はるこをみました。
涙はもう、ひっこんでいます。ちいさなゆびで、みずいろのこんぺいとうをつまんで口に入れました。ほんわりとしたあまさが広がって、ぱっとえがおが、咲きました。


ふっちゃん! とはるこは心のなかで言いました。
ふっちゃんの咲かせた花みたい!


お父さんとお母さんが、はるこをよびます。
「はるこ!」
「はーい!」
元気にはるこは かけてゆきます。

 

らいねん、はるこはお姉さんになります。
どんなお姉さんになるのかな。
妹かな、弟かな。どんな子が、この町に生まれてくるんでしょう。
みんな、とっても楽しみにしています。

こんこんちきちん、こんちきちん

祇園囃子はなりやんで、らいねんの夏をまっています。
これで、はるこの祇園祭は、おしまい。

みなさん またあいましょう。この町のどこかで。

<おしまい>

 

疫神社夏越祭

 

八坂神社の境内の中、小さなお社・疫神社(えきじんじゃ)があります。蘇民将来(そみんしょうらい)さんをお祀りしています。疫神社の鳥居に茅の輪(ちのわ)が付けられて、31日の10時より神事が行われます。祇園祭各団体の代表の方達が茅の輪をくぐり、その後一般の人もくぐり厄気はらいができます。これが祇園祭の最後の最後の行事です。なが〜い1ヶ月にも及ぶ、祇園祭の最後を見守る蘇民将来さんってどんな人なんでしょうか? 厄除ちまきとも縁のふかい蘇民将来さん。最後にちょこっと学びましょうね。

 

昔々、牛頭天王(ごずてんのう)がお嫁さん探しの旅をしていた時、一晩泊めてくれる家を探していました。

里のお金持ちである巨旦将来(こたんしょうらい)に宿を願うも、「こんなボロボロの奴を、うちには泊めない!」と断られます。これに対し、牛頭天王は大変腹を立てました。
 
 

 

そして、他に宿はないかと探していると、巨旦将来の兄・大変貧しい暮らしをしている蘇民将来(そみんしょうらい)が「貧乏な家でよければ、どうぞお泊まりください。」と、大切に、丁寧におもてなしをしました。

 

牛頭天王はその慈悲深い心に感動し、里を去るとき蘇民将来へ「この、茅萱(ちがや)の輪を腰に付けておきなさい。蘇民とあなたたち家族、こども、その孫、その先もずーっと、疫病やわざわいから守ってあげますよ。」という言葉をおくりました。そして、その言葉の通りに実践したことによって、蘇民将来の家は長く幸せになりました。

逆に、蘇民将来以外の里の者は巨旦将来はじめ、みんな疫病で死んでしまいました!! 牛頭天王は除災招福(じょさいしょうふく)の神でもあり、厄災をもたらす神としての顔も持つのです。とてもとても怖い神様なんです〜〜。


この茅萱の輪が、現在神社に飾られる「茅の輪」の起源となり、厄災除けのご利益があると言われるようになりました。
  おわり


強くて怖い神様を味方に!

 

蘇民将来のお話からもわかるように、牛頭天王は、その怒りをかうものは皆殺しにあう、とされるほどの、とてもとても強い力を持つ神様なんです。そんな牛頭天王の強力な毒のような力をも味方につけて、守ってもらおう!! 昔の人達が、究極の選択をしなければならなかった、決死の覚悟の考えだったのでしょう……。そんな牛頭天王に守られている、蘇民将来の子孫にあやかり唱える「蘇民将来子孫成(そみんしょうらい しそんなり)」=「私たちは、蘇民将来の子どもたちです! なので守ってください。」と、そんな願いを込めて、お札をつけた厄除ちまきを玄関に飾るんですね。

みなさんが幸せで平和に暮らせますように!

___________________________________
 
みなさん、最後までお読みいただきありがとうございました!
___________________________________