京都三大奇祭の一つ「鞍馬の火祭」で昭和まで着用されていた鎧(よろい)2領(りょう)が、室町時代や桃山時代の部材や様式をとどめる可能性が高い…