新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)は、格差の拡大や医療をはじめとした社会保障制度の脆弱(ぜいじゃく)さなど日本の深刻な課題をあぶり出している。コロナ禍は「拡大・成長を追い続ける都市集中型社会」を、「持続可能な地方分散型社会」に転換する好機だ-。官僚経験や地域再生への関わりを生かし、公共政策を研究する京都大教授の広井良典さんは提言する。「コロナ後」を見据えた日本への処方箋とは。