滋賀県警近江八幡署

滋賀県警近江八幡署

 18日午前7時ごろ、滋賀県近江八幡市鷹飼町の路上で、胴体が切断された猫の死骸を近くの男性(51)が発見した。

 近江八幡署によると、死骸は頭から胸辺りの部分で、腐敗が進んでおり、動物愛護法違反の疑いも視野に入れて調べるという。