贈呈式の後、下校中の小学生と触れ合う「学童警戒犬」の綾香(福知山市三和町千束)

贈呈式の後、下校中の小学生と触れ合う「学童警戒犬」の綾香(福知山市三和町千束)

 京都府福知山市三和町千束に住む、シバイヌの「綾香」と飼い主の渡辺美代子さん(70)に京都府警福知山署から感謝状が贈られた。「学童警戒犬」として任命され2年8カ月、下校時の児童の見守り活動への貢献がたたえられた。

 見守りのきっかけは、三和小の下校時間に散歩をする渡辺さんと綾香が児童に親しまれる様子を見て、三和駐在所員が依頼したことだった。同署が学童警戒犬に任命し、所員は手作りのバンダナと帽子を贈った。

 贈呈式は、綾香の6歳の誕生日に当たる今月8日、渡辺さん宅前で行われた。地域住民も駆けつけ、市防犯推進委員協議会三和支部からは紺色のリードと首輪が贈られた。感謝状とササミのお菓子をもらい、綾香は尻尾を振って喜びを表した。

 式の後、綾香はいつも通り下校の見守りに向かった。児童4人と、人懐っこい様子で触れ合う場面もあった。渡辺さんは「周りの人がいたからこそ続けられた。元気な限り頑張りたい」と話した。