87年の歴史に幕を下ろし、14日に解体される旧佐伯郵便局舎(京都府亀岡市薭田野町)

87年の歴史に幕を下ろし、14日に解体される旧佐伯郵便局舎(京都府亀岡市薭田野町)

〒マークがかたどられた鬼瓦

〒マークがかたどられた鬼瓦

24時間電報などを受け付けるため、玄関脇に備えられていた小窓

24時間電報などを受け付けるため、玄関脇に備えられていた小窓

 レトロモダンな建物でテレビドラマの撮影などにも使われた旧佐伯郵便局舎(京都府亀岡市薭田野町)が、14日から解体される。電話交換や電報業務など、戦前から戦後にかけ地域に欠かせぬ施設だったため所有者は活用も検討したが、傷みがひどく、87年の歴史に幕を閉じることとなった。

 局舎は1934年に完成した。2階建て約150平方メートルで、当時としては珍しいコンクリート基礎の上に、鎧(よろい)戸のように板を並べた「下見板(したみいた)(鎧)張り」の壁に縦長の窓を配置する一方、屋根は瓦ぶきとし、「〒」マークを入れた鬼瓦も使用。設計者は不明だが、和洋入り交じった独特な外観を誇っていた。

 建物の所有者で、自身も含め代々佐伯郵便局長を務めた大石昌弘さん(75)は「戦後の苦しい時も、24時間態勢で電報の受け付けや配達をし、ここから手紙や小包を届けてきた。小さいけれど地域の中で誇りを持って働いた建物だ」と懐かしむ。日々住民らでにぎわい、局員が家族のように働いていたという。

 72年、近くに新局舎が完成すると、学生向けの下宿として活用されたほか、俳優古谷一行さんの金田一耕助シリーズなどドラマや映画の撮影でも使われ、病院のセットにもなった。近年ではカメラ愛好家らの撮影スポットとしても知られていた。

 しかし、阪神淡路大震災やシロアリの被害で傷みが激しく危険となり、飲食店などへの活用には大規模改修が必要となることなどから取り壊しを決めた。「もう少し若ければ再利用も考えられたのかもしれませんが、時代の流れと受け止めます」。大石さんは、建物と同じ時を過ごした玄関脇のゲッケイジュとキンモクセイの木を前に、吹っ切れたような表情で話した。