スーパーの平和堂(滋賀県彦根市)は、弁当の米にプラスチック片が混入していたとして、販売した弁当やおにぎりなど約5千食分の自主回収を19日までに始めた。これまでに健康被害の報告はないという。

 対象は、18日が消費期限の「山菜かやくご飯弁当」「竹の子ご飯弁当」「鶏飯おにぎり」など全20種類。京都や滋賀などの平和堂やアルプラザ、フレンドマート全店計162店舗で販売した。

 客からの問い合わせで発覚し、2件の混入が確認された。プラスチック片は米を炊く際に使用している機械の一部分とみられる。返金などの対応は、平和堂お客様サービス室(0120)668852。