大津市

大津市

 大津市立小の男性事務職員が保護者から集めた学年費など135万円を着服していた問題で、大津市教育委員会による追加の調査で着服額は最終的に計約171万円と分かった。滋賀県教委が処分を検討する。

 市教委によると、事務職員は2019年度から3年間、当時の勤務校で学年費や修学旅行などの積み立て金、PTA会費、同僚会費の一部を着服していた。全額を6月30日に学校を通じて返金する予定という。