西村康稔経済再生担当相は15日の閣議後記者会見で、20日に期限を迎える新型コロナウイルスの緊急事態宣言を巡って「何人かの知事が解除のことを口にしているが、あまり軽々に言わないでほしい」と述べた。人出が増えていることに警戒感を示した上で、気の緩みにつながりかねないと、くぎを刺した形だ。

 愛知県の大村秀章知事は20日で宣言を解除し、まん延防止等重点措置に移す意向を国に伝えると表明。大阪府の吉村洋文知事も宣言期間後は重点措置への移行が重要との立場を示している。

 西村氏は「解除ありきのような前提で話をされることには違和感を覚える」と話した。