三日月大造知事

三日月大造知事

 滋賀県で7月1日を「びわ湖の日」と定めて今年で40年を迎えるのを前に、三日月大造知事は15日の定例記者会見で、びわ湖の日を県民の休日にすることについて問われ、「諦めたわけではない」と実現に改めて意欲を示した。

 びわ湖の日は1980年の県富栄養化防止条例の施行日にちなんで81年に設けられ、県民が環境保全への理解と参加意欲を高める日と位置付けられている。三日月知事は学校や企業を休みにする「休日化」を目指す考えを2017年1月に表明したが、授業時間のやりくりなどへの懸念が浮上し、実現に必要な条例化は進んでいない。

 三日月知事は会見で、休日化に消極的な意見が県内に多かったとした上で、多くの県民がびわ湖の日に関わる状況をつくり出すことが目的だとして、必ずしも条例で休日化することに固執するわけではないとも述べた。