「環境部門のノーベル賞」とも呼ばれるゴールドマン環境賞を、米ゴールドマン環境財団は15日、石炭火力発電所の建設中止を求める活動に取り組んできた市民団体「気候ネットワーク」(京都市中京区)の平田仁子理事(50)を選んだと発表した。

 気候ネットワークは……