任天堂が発売する「ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説」(同社提供)

任天堂が発売する「ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説」(同社提供)

 任天堂は16日、人気ゲーム「ゼルダの伝説」シリーズが遊べる小型ゲーム機「ゲーム&ウオッチ」を11月12日に発売すると発表した。発売5年目を迎える主力の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けの新作ソフトも合わせて発表し、年末商戦での販売拡大を目指す。

 「ゼルダ」は主人公リンクが敵と戦いながらゼルダ姫を救出するアクションアドベンチャーゲーム。1986年の1作目「ゼルダの伝説」発売から35周年の記念企画として世界最大のゲーム見本市「E3」で発表した。

 ゲーム&ウオッチには、初代「ゼルダの伝説」をはじめ、2作目の「リンクの冒険」、ゲームボーイ版「夢をみる島」など4タイトルを搭載した。5480円。16日からオンラインストアなどで予約を受け付ける。

 スイッチ向けはシリーズ19年ぶりの新作となるアクションゲーム「メトロイドドレッド」や人気キャラクター「マリオ」シリーズなど約30タイトルを発表した。