独り暮らしの高齢者が飼うペットが、介護の現場で問題になっている。寂しさを埋めるかけがえのない存在でも、飼い主が認知症になって適切に飼育できなくなったり、増えすぎて生活が立ち行かなくなったりすることが相次いでいる。医療や介護だけでは解決できない課題に、どう向き合うかが問われている。

 部屋に入ると、ネコのふん尿の強烈な異臭が鼻をついた―。2019年2月…