新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 滋賀県は17日、新型コロナウイルスに感染し県内で入院していた80代女性が13日に死亡し、新たに10代~90歳以上の男女21人の感染を確認したと発表した。県内での感染確認は計5477人、死者は計88人となった。変異株の判明は4人で計976人。

 新規感染者のうち中等症が3人で残りは軽症。内訳は草津市7人、近江八幡市4人、大津市3人など。

 クラスター(感染者集団)関連では、草津市の学校で子ども1人の感染が判明し、計6人となった。