草津市役所(滋賀県)

草津市役所(滋賀県)

 滋賀県草津市は17日、新型コロナウイルスワクチンの接種済証の日付を誤って約100枚発行していたと発表した。6日の集団接種時に担当者が「5日」の印を押していた。正しい日付の接種済証と交換する。

 市によると、接種を受けた市民からの指摘で発覚。担当者は6日に計178枚発行し、途中で気付いて修正したが、市に報告していなかったという。印の日付の更新は各ブースの担当者任せだった。市新型コロナウイルスワクチン対策室は「2回の接種は期間を空けなければならず、日付の誤りはあってはならない。再発防止を徹底する」としている。