アンドリュー・チーチー・ヤオ氏

アンドリュー・チーチー・ヤオ氏

ロバート・G・レーダー氏

ロバート・G・レーダー氏

ブリュノ・ラトゥール氏

ブリュノ・ラトゥール氏

 稲盛財団(金澤しのぶ理事長)は18日、科学や文明の発展、精神の深化などへの貢献をたたえる「第36回京都賞」の受賞者を発表した。先端技術部門には、コンピューター通信の暗号化技術や最先端の計算理論などの基礎を築いた清華大学際情報学研究院院長のアンドリュー・チーチー・ヤオ氏(74)を選んだ。

 基礎科学部門は、真核生物における遺伝子の転写メカニズムを解明したロックフェラー大教授のロバート・G・レーダー氏(79)、思想・芸術部門は、自然と社会という二元論を柱とする近代思想に異を唱えたパリ政治学院名誉教授の哲学者ブリュノ・ラトゥール氏(73)にそれぞれ決まった。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で昨年の京都賞は延期されたため、2年ぶりの受賞者発表となった。授賞式をはじめ、受賞者の共同記者会見や晩餐(ばんさん)会などの関連イベントは中止する。記念講演は11月をめどにオンラインでの動画配信を予定している。

 ヤオ氏は「これまで京都賞を受賞されてきた素晴らしい方々に自分も名を連ねることは、ありがたく心が震えるような思いです」とのコメントを寄せた。各氏には賞金1億円やメダルが贈られる。