京都府内の酒類提供は21日以降、京都市で午後7時まで、同市以外では午後8時半まで認められることになった。市民や店側は制限の緩和を歓迎しつつも、感染防止への警戒を緩めていない。