京都市の紋章

京都市の紋章

 京都市は18日、市内の女子中学生(13)が腸管出血性大腸菌O157に感染したと発表した。

 市によると、女子中学生は9日に腹痛の症状を訴え、血便も出たため、医療機関を受診し、入院した。便の検査でO157が検出された。女子中学生は快方に向かっているという。市が感染原因や経路を調べている。