サッカーJ2第19節は19日、石川県西部緑地公園陸上競技場などで6試合を行い、京都サンガFCは2―1で金沢に競り勝った。4試合ぶりの勝利で14試合負けなし。勝ち点を41に伸ばし、首位を守った。
 
 サンガと勝ち点で並ぶ2位磐田は千葉を1-0で下し6連勝。琉球は岡山に0-3で完敗し、勝ち点37のままとなった。

■三沢、狙い通りの先制ゴール

 4試合ぶりに先発出場した三沢が1得点1アシストの活躍で1カ月ぶりの勝利に貢献した。「最近引き分けが続いて勝てていなかったので、今日は特に…