西陣織を華やかにする「引箔(ひきはく)」の制作技術を身に付けようと、ロシア出身の女性が京都市右京区の伝統工芸士の下で学んでいる。