京都大

京都大

 京都大は20日、女子学生にセクハラ行為をしたとして、50代の男性事務職員を21日から停職2カ月の懲戒処分とした、と発表した。

 京大によると、職員は昨年12月、大学外で女子学生に対してセクハラ行為をした。職員は当時勤務時間外で、女子学生が所属する部局の事務を担当していたため面識があった。女子学生からセクハラの申し立てが大学の相談窓口にあり発覚。大学の調査に職員は行為を認め、反省の弁を述べたという。

 京大はセクハラの内容や職員の所属などについて、「女子学生が在学中で、特定の恐れがある」として明らかにしなかった。