森に囲まれた休憩所で開かれたコンサート(京都府宇治市槙島町・天ケ瀬森林公園)

森に囲まれた休憩所で開かれたコンサート(京都府宇治市槙島町・天ケ瀬森林公園)

 鮮やかな新緑に囲まれながら音楽を楽しむ「森の音楽会」がこのほど、京都府宇治市槙島町の天ケ瀬森林公園で開かれた。小鳥のさえずりが響く中、キーボードとエレキベースの演奏やコーラスを約30人が味わった。

 同公園を拠点に森林の整備を続けるボランティア団体「フォレスターうじ」が主催。音楽を楽しみながら、森の中で過ごす爽快感や地球温暖化対策で森林が果たす役割を知ってほしいと企画した。

 20日、園内の休憩所で行った音楽会には、同市のにしむらともみさんと高祖陽二さんでつくるアマチュアバンド「シャイニング☆スター」が出演した。木々を背景にしたステージで、「春よ、来い」や「見上げてごらん夜の星を」、同団体の会員が作詞したテーマソングなど11曲を披露した。

 同団体事務局長の木曽宗統さん(70)は「緑の鮮やかさや涼しい風など、森の魅力を体験しながら聞いてもらえた。今後も続けられればうれしい」と話した。