京都府立医科大

京都府立医科大

新型コロナウイルス(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルス(国立感染症研究所提供)

 新型コロナウイルス感染症の進行を抑える可能性がある治療薬候補を開発したと、京都府立医科大などのグループが発表した。ウイルスがヒトの細胞に侵入することを防ぐ方法で、変異型にも対応できるという。英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに21日、掲載された。

 新型コロナを巡ってはワクチンだけでなく、治療薬開発が課題となっている。府立医大の星野温助教らは、ウイルスが細胞に感染する時の足がかりとなる「ACE2タンパク質」に着目。実際のACE2タンパク質よりも強い結合力のある改変型のタイプを作製して投与することで、ウイルスの細胞内への感染を防ぐことを狙った。

 グループは人工的に遺伝子変異を起こす手法で、通常のACE2タンパク質よりも約100倍、ウイルスとの結合力が強い改変型ACE2タンパク質を3種類作製した。試験管レベルの実験で改変型は、従来の新型コロナウイルスだけでなく、英国で見つかった「アルファ株」やブラジルの「ガンマ株」など変異型に対しても、感染を防ぐ効果があった。さらに従来の新型コロナに感染させたハムスターでも、改変型ACE2タンパク質が病状を抑えることを確認した。

 星野助教は「ACE2タンパク質をターゲットにしたことで、変異型にも対応できるはずだ。今後、さらなる検証を重ねて実用化を目指したい」と話している。