蟷螂山のちまき購入を呼び掛けるチラシ

蟷螂山のちまき購入を呼び掛けるチラシ

 京都府八幡市のやわた観光ガイド協会が、2年連続で山鉾巡行が中止となった祇園祭の「蟷螂(とうろう)山」(京都市中京区)のちまきを昨年に続いて特別販売する。蟷螂山ゆかりの公卿(くぎょう)が八幡で最期を迎えたことから、蟷螂山保存会と同協会は以前から交流を続ける。同協会は「ちまきを買って新型コロナウイルスの退散祈願を」と呼び掛けている。


 蟷螂山は御所車の上に乗るカマキリのからくりが特徴。八幡の地で戦死した南北朝時代の公卿・四条隆資の勇猛な戦いぶりを中国の故事「蟷螂の斧(おの)」にちなんで表している。八幡市内には隆資らをまつる塚があり、地元住民や保存会員が清掃や慰霊祭を行うなどしてきた。同協会は2016年から蟷螂山などを訪ねて歴史を学ぶツアーを開催している。


 今年も早々に山鉾巡行の中止が決まったが、ちまき販売で保存会を支援しようと決めた。同協会は「来年こそ祇園祭がいつものように戻ってほしい」としている。


 1本700円で1人5本まで。申し込み受け付けは30日まで。八幡市観光協会075(981)1141へ電話か、同協会のホームページからチラシを印刷してファクス075(981)1132で申し込む。7月11~13日に京阪石清水八幡宮駅前にある観光情報ハウスで代金と引き換えに渡す。