大津地検

大津地検

 滋賀県甲賀市の新名神高速道路で、停車中の軽乗用車に大型トラックで衝突し、男女5人を死傷させたとして、大津地検は22日までに、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)の罪で、兵庫県加古川市、運転手の男(47)を起訴した。18日付。

 起訴状などによると、男は5月30日午前5時半ごろ、甲賀市土山町山女原の同高速下り線でトラックを運転中、携帯電話の操作に気を取られて前方左右の注視を怠ったまま、時速約86キロで走行。トンネル内で燃料切れのため非常灯を点灯させ、路肩と走行車線をまたいで停車していた軽乗用車に衝突し、草津市の大学生(18)と大阪府大阪狭山市の会社員(20)の男性2人を死亡させ、大阪府や兵庫県の20代の男女3人に軽傷を負わせたとしている。