安藤裕氏

安藤裕氏

 自民党の安藤裕衆院議員(56)=京都6区=が次期衆院選に立候補しない意向を党京都府連幹部に伝えたことが22日、関係者への取材で分かった。近く党本部に報告するとみられる。

 関係者によると、安藤氏は今年に入って女性問題が浮上し、府連内で反発の声が出ていた。20日に府連幹部が次期衆院選で支援しない旨を伝えたところ、立候補しない考えを示したという。安藤氏は21日、京都新聞社の取材に秘書を介して「何も答えられない」と回答した。

 安藤氏は当選3回。神奈川県出身で税理士などを経て、2012年の衆院選に立候補し比例復活で初当選。14年に再選し、17年に小選挙区で初めて議席を得た。内閣府政務官兼復興政務官を務めた。

 次期衆院選の京都6区には、立憲民主党の山井和則氏(59)と日本維新の会の中嶋秀樹氏(50)が立候補を予定する。自民党府連は選挙が迫る中での候補者不在という事態を受け、後任の選定を急ぐとみられる。