関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)が23日、運転開始から40年超の原発で初めて再稼働した。防災対策の重点地域となる同原発の30キロ圏内には、滋賀県の高島、長浜両市のほか、琵琶湖の一部も含まれる。住民からは「老朽原発」の運転を不安視する声が上がり、地元首長らは国や関電に対し安全対策の徹底と住民への説明を尽くすよう求めた。

 「事故が起これば農作物にも影響が出る。