京都大

京都大

 免疫の働きを調整するリンパ球「制御性T細胞(Treg)」を、異物を攻撃するタイプのT細胞から生じさせる化合物を発見したと、京都大などのグループが発表した。新たな免疫抑制治療につながる可能性があるという。国際科学誌サイエンス・イムノロジーにこのほど発表した。

 京大ウイルス・再生医科学研究所の坂口志文客員教授が見つけたTregは、ほかのT細胞が異物を攻撃するために活性化するのを抑制する働きがある。ただ一度活性化したT細胞をTregに変化させる技術は確立していなかった。
 坂口教授や医学研究科の成宮周教授らは5千種の化合物の検索をした結果、活性化したT細胞からTregを生じさせる効果を持つ種類の化合物「AS」を見つけだした。マウスを使った実験でASを投与すると、皮膚の炎症や糖尿病などさまざまな自己免疫病の症状を改善できた。ASは細胞の中で、Tregに特徴的なタンパク質を生じさせる効果を持っていることも確認した。
 坂口教授は「Tregを使った免疫療法を実現する上で意義のある発見。実用化に向けた研究の加速を期待できる」と話す。